SAI 原稿の作り方

画像解像度

画像解像度について
カラーモード 推奨解像度
カラー 350dpi
モノクロ グレースケール:300~600dpi
モノクロ2諧調:600dpi
  • 原稿サイズは上図の「幅」「高さ」になります。上記の「データ原稿作成方法」をご参照ください。
  • 単位は「pixel/inch」でお願いします。
  • SAIから書き出した場合、400dpiに満たないデータとなります。 その場合はPhotoshop等の別のソフトで加工して上記の解像度にしてください。 SAI以外のソフトをお持ちでない方は、弊社のテンプレートをご使用いただくことでカラー表紙350dpi(B5はRGB300dpi)、本文はRGB400dpiで作成できます。

SAIデータでご入稿の方は必ず弊社のテンプレートをご使用ください。 弊社テンプレートを使用せずにご入稿の場合は、必ずPhotoshop等の別のソフトで解像度を変更してください。 カラー表紙の場合は350dpi、モノクロ表紙の場合600dpi、本文600dpiに加工してご入稿ください。

テンプレートダウンロードページへ

SAI保存方法

ファイル形式

SAIでの保存について1

ファイル保存形式:psd(Photoshop)

SAIでは「SAI」「PSD」「BMP」等の書き出しが可能ですが、ご入稿の際はPSD形式でお願いします。

ファイルはRGBモードで書き出されます。 他のソフトをお持ちの方は、カラー表紙はCMYK、モノクロ表紙及び本文はグレースケールかモノクロ2階調(推奨)に変換してご入稿ください。

SAI以外のソフトをお持ちでない方は、RGBモードでのご入稿をお受けいたします。(弊社にてCMYK変換を行います) 詳細は下記「モード変換について」をご参照ください。

アンチエイリアス

SAIでの保存について2

本文原稿作成時、各種ツールを使用する際には上図の通り「アンチエイリアス」にチェックを入れず作業してください。モアレの原因となります。

書き出す前の注意

SAIでの保存について3

原稿作成し、最後にPSD形式に書き出す前に必ずレイヤーを統合してください。 そのまま書きだすと、PSD形式形式でもレイヤーが分かれた状態で保存されてしまいますので、不具合が生じる確率が高くなります。

モード変換について

SAI以外のソフトをお持ちでなく、RGBモードでご入稿された場合、弊社にてカラー表紙はCMYK変換、本文はグレースケール変換を行います。 CMYK変換については、変化時に若干色味が変わります(くすむような感じです)。 必要な方は、オンデマンドでのお試し印刷をお勧めいたします。

変換イメージ